犬ブログ

犬が魚の骨を誤飲してしまった!

犬を飼っているとこんな事もあると思います。

犬に魚の骨が刺さるんではないかと心配になってしまいますが、果たして大丈夫なのでしょうか?

ここでは、犬が魚の骨を誤飲してしまった時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

犬が魚の骨を誤飲してしまったら

犬ブログ

「犬が魚の骨を食べた=魚の骨が刺さる」ではありません。

魚の骨を食べても、ワンちゃんが普段どおりに生活していれば問題なさそうです。

先が鋭い骨でも餌が上から流れて入ってくることで、食べ物と一緒に胃に落ちていくことがほとんどだといわれています。

ただ、食後に元気がなくなったり、不安な場合は動物病院でみてもらいましょう。

鮭など骨が長く硬い場合は、食道や消化器官に刺さることもあり、場合によっては食道壁を突き破って皮膚がボコッと出てくる場合もあります。

この場合は、ワンちゃんを落ち着いて動物病院に連れて行きましょう。

窒息しかけている場合など緊急を要する時には、飼い主さんの応急処置も必要になります。

異物が柔らかかったり、喉から見えるようであれば、気道を開いてピンセットで静かに取り除くことも可能です。

堅くて引き抜きにくい場合は押し出す必要があります。

小型犬であれば、持ち上げた上体で頭を下にして、背中を軽く叩いたりさすったりするとよいでしょう。

また、大型犬であれば寝かせて肋骨の下をグッと押すようにします。

ただ、これらは緊急を要する時の応急処置なので、できれば動物病院で獣医さんに診てもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

犬が魚の骨を食べてしまった時は、落ち着いて犬の様子を観察しましょう。

元気がない、ぐったりしているなどの症状が見えたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク