犬ブログ

普段、犬に何気なくあげている牛乳ですが、犬に牛乳を与えることは本当に大丈夫なのでしょうか?

ここでは、犬に牛乳は大丈夫なのかどうかや、アレルギーの可能性と大丈夫な量についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

犬に牛乳は大丈夫?だめ?

犬ブログ

牛乳には「乳糖(別名:ラクトース)」という甘み成分が含まれていますが、これを消化するためには「ラクターゼ」という酵素が必要になります。

生まれたばかりの子犬にはたくさんラクターゼがあるので、母犬のお乳や市販の牛乳などを問題なく消化することができます。

しかし、ラクターゼは成長と共に減少するため、成犬になると乳糖を消化する機能が弱くなり、下痢を起こしやすくなります。

飼い主さんによっては、カルシウムとたんぱく質を効率よく摂取させるために、牛乳をお湯で薄めてフードにかけて食べさせる場合や便秘解消のために少量の牛乳を飲ませる場合もあります。

ただ、基本的にこれ以外に、犬に牛乳を与えるメリットはほとんどありません。

一方、デメリットは「下痢」「太ること」。

牛乳は栄養分が高い分、カロリーも高くてカロリーが67kcal/100mlもあります。

牛乳を飲ませた日はおやつをなくして、フードの量も減らさなくてはなりませんし、そうなると犬にとってストレスになってしまいます。

スポンサーリンク

犬に牛乳をあげるのは加熱してもNG?

犬が牛乳を飲むと下痢をするのは、牛乳に含まれる乳糖を十分に分解することができることができないからだということが分かりました。

では、牛乳を加熱して「ホットミルク」にして与えれば、乳糖が分解されて下痢をしないだろうと思いますよね?

でも、残念ながら、沸騰させた牛乳でも乳糖は分解されず、下痢を起こしてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

犬が牛乳飲んだらどうする?

犬が牛乳を飲んでしまったら、下痢の様子をみてみましょう。

下痢が1回で終わるなら問題がありませんが、何度でも下痢をしたり、何日も下痢が続くようであれば注意が必要です。

下痢が長引くようであれば、脱水症状を避ける為にも、早めに動物病院へ連れていきましょう。

アレルギーの可能性は?

犬ブログ

犬の中には牛乳アレルギーを持つワンちゃんもいます。

牛乳によるアレルギー症状は次の通りで、少量飲むだけでこれらの症状が出ます。

× 下痢
× 便が緩くなる
× 湿疹が出る
× 皮膚が腫れる
× 体中にかゆみを生じる

これらの反応が出たらすぐに牛乳を与えるのを中止しましょう。

また、症状が長引くようであれば、早めに獣医さんにみてもらいましょう。

犬に与えてもいい牛乳の量は?

犬ブログ

犬で牛乳が好きというワンちゃんもいるので、こういった場合には適量を飲ませてあげたいですよね?

犬に与えていい牛乳の量の目安は次の通りになります。

● 小型犬
  ⇒ 小さじ1~2

● 中型犬
  ⇒ 大さじ1~2

● 大型犬(体重30kg前後)
  ⇒ 大さじ3くらい

えっ?これだけ?少なくない?

そう思う人もいると思いますが、これはあくまでも体調管理を考えた量。

犬にとってはこの量が「丁度良い量」になります。

ヨーグルトは大丈夫?だめ?

犬ブログ

牛乳がだめとなると、他の乳製品はどうなの?と思いますよね?

積極的におすすめする訳ではありませんが、同じ乳製品の仲間でも、ヨーグルトやチーズといった乳製品は、食べさせても下痢にはなりません。

これらの製品は製造の過程でほとんどの乳糖が分解されてしまうので、体内で分解される必要がないからです。

ただ、健康の為には、ヨーグルトは無糖タイプの物を、チーズは塩分の低い犬用の物を食べさせるようにしましょう。

まとめ

わたしたち人間でも、牛乳を飲むとお腹を壊してしまうことがありますよね?

下痢をした時の辛さを、可愛い愛犬に味わわせないためにも、なるべく市販の牛乳は飲ませないようにしましょう。

【関連記事】犬にリンゴは大丈夫?アレルギーの下痢症状
【関連記事】アレルギー性皮膚炎の原因と対策
【関連記事】金額は?犬アレルギーの症状・検査・対策
【関連記事】犬に牛肉は大丈夫?あげていい量とアレルギーの症状
【関連記事】アレルギー?犬のくしゃみ・咳・鼻水の意味と症状
【関連記事】犬が魚介類を食べるのは大丈夫?手作り魚肉ソーセージレシピ