犬ブログ犬ブログ

犬に魚を食べさせて大丈夫かな?

犬を飼っていると一度は出くわすこの疑問。

果たして犬は魚介類を食べても大丈夫なのでしょうか?

ここでは、「犬が魚介類を食べても大丈夫なのかどうか」「手作り魚肉ソーセージレシピ」をご紹介します。

スポンサーリンク

犬が魚介類を食べるのは大丈夫?

犬ブログ

結論からいうと、犬に魚を食べさせても大丈夫です。

周りを海に囲まれた日本では、昔から犬が魚を食べることも多かったようです。

最近では、肉アレルギーのワンちゃんも多いですが、そんなワンちゃんでも魚を原料としたドックフードなら安心して食べることができますよね^^

魚に豊富に含まれているたんぱく質は代謝機能や免疫力をアップしてくれますし、ホルモンの生成や皮膚病の予防、毛艶の維持などにも役立ちます。

体内で生成することのできないビタミンも多く含まれていて、骨を強くするのにもおすすめです。

赤身魚は人間が食べる鮮度の良い生のものであれば犬に与えても問題ありません。

白身魚は低脂肪なので肥満気味の犬にももってこいですし、青身魚は血行促進などの効果も期待できます。

スポンサーリンク

魚をあげる時の注意点

犬ブログ

魚によっては寄生虫がついているものもあるので、基本的には火を通したものを与えることをおすすめします。

生で与える場合は、人間が食べても問題のない加工済みの刺身などを与えるようにしましょう。

また、魚の骨が喉や胃腸にひっかかる可能性もあるので、できるだけ取り除いてからあげるようにしましょう。

特に小型犬の場合は魚の骨や皮が喉や胃腸にに引っかかりやすいので、しっかり骨を取り除いて、1口サイズにしてあげることをおすすめします。

犬によって魚に対してフードアレルギーを持っている子もいるので、少しずつあげて下痢や嘔吐の症状がみられないか観察してあげることが大切です。

また、青魚については、与えすぎると黄色脂肪症が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

黄色脂肪症になると発熱したり腹部に脂肪ができたりしてしまいます。

心配な方は、青魚については控えめにしましょう。

【関連記事】犬に牛肉は大丈夫?あげていい量とアレルギーの症状
【関連記事】アレルギー?犬のくしゃみ・咳・鼻水の意味と症状
【関連記事】犬に牛乳は大丈夫?アレルギーの可能性とあげていい量
【関連記事】アレルギー性皮膚炎の原因と対策
【関連記事】金額は?犬アレルギーの症状・検査・対策

スポンサーリンク

犬に魚の卵をあげても大丈夫?

犬が魚を食べるのは問題がないことは分かりましたが、魚の卵は一体どうなんでしょう?

一般的に、魚のお腹の中には寄生虫がいることが多いといわれています。

その為、魚の卵はなるべく食べさせないようにした方がよいでしょう。

市販の魚(ししゃも等)の卵の場合、塩分もたくさん含んでいるので、塩分の過剰摂取の面からもあまりおすすめしません。

【関連記事】犬にリンゴは大丈夫?アレルギーの下痢症状

手作り魚肉ソーセージレシピ

犬ブログ

ここでは、誰でも簡単に作れる犬用の手作り魚肉ソーセージのレシピをご紹介します。

おやつとしてもおすすめですよ!

【犬用魚肉ソーセージの作り方】

(材料)

めばちまぐろ(刺身) 100g
銀ダラ(切り身)   100g
長芋        50g
だし粉       お好み

(作り方)

1. 魚の骨を取り除きます
2. 魚を小さく切ります
3. 魚+山芋+だし粉をフードプロセッサでペースト状にします
4. アルミホイルで形を整えながら巻き、端ををねじります
5. 蒸し器で10分程蒸します
6. 冷蔵庫で冷やして完成!

まとめ

犬の健康にも良い魚介類ですが、アレルギーのワンちゃんもいるので、まずは少量をあげて下痢や嘔吐の反応がないかみてみましょう。

少しずつあげて問題がなければ大丈夫!

手作りの魚肉ソーセージもヘルシーで栄養満点なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね☆