犬ブログ

さっきまで元気にご飯を食べていたのに、いきなり犬が動かなくなってしまった!

それはもしかすると胃拡張・胃捻転を起こしているかもしれません。

ここでは、犬を死に至らしめることもある緊急処置が必要な「犬の胃拡張・胃捻転」の原因や対処方法についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

犬の胃拡張・胃捻転とは?原因は?

犬ブログ

胃拡張とは、犬が食べ物を食べ過ぎた後や、食後にすぐに運動させた時などに起こります。

空気を飲み込んだり、胃の中でガスが異常発酵することによって胃が病的に膨らみ、胃が拡張した状態のことを指します。

そして、その膨れ上がった胃がねじれてしまった状態のことを胃捻転(胃拡張胃捻転症候群)と呼びます。

腸がまるでロープのように胃を締め付けるので、胃の中における食べ物が残り、血流が悪くなり炎症を起こし、周辺臓器を圧迫して障害を引き起こしてしまうのです。

胃捻転になると、胃と脾臓の血管がねじれて血行が遮断され、ショック状態になり、放置すればそのまま命を落としてしまうことも。。

食事を大量にとり、その後でぐったりしているのなら、胃拡張~胃捻転を疑いましょう。

スポンサーリンク

胃拡張・胃捻転になりやすい犬種がある!?

犬ブログ

胃拡張・胃捻転は、次の様なガスを吐き出すことが難しい大型犬で深い胸を持つ犬がなりやすいといわれています。

★ 大型犬

● グレートデン

● ジャーマンシェパード

● ドーベルマン

● アイリッシュセツター

● セント・バーナード

● ワイマラナー

● シャーペイ

● ラボラドールレトリバー

● ゴールデン・レトリーバー

● コリー

● 秋田犬

● ロットワイラー

● バーニーズ・マウンテン・ドッグ

● スタンダードプードル

★ 中型犬(比較的まれ)

● コッカースパニエル・バセット・ハウンド

★ 小型犬(比較的まれ)

● ダックスフント

● トイプードル

スポンサーリンク

犬の胃拡張・胃捻転の症状は?

犬ブログ

犬の胃拡張・胃捻転の症状は次の通りです。

● 腹部がふくれる

● 腹痛(触ると痛がる)

● 元気がなく、そわそわしている

● 嘔吐又は吐こうとするが吐けない

● どこか痛そうでお腹を丸めて休む

● 頻繁なゲップ

● 水を大量に飲む

● 食欲低下

● 大量のよだれ

● えづく(吐こうとするが何もでない)

これらの症状が見られたらすぐに病院に連絡しましょう。

犬の胃拡張・胃捻転の対処法は?

犬ブログ

犬の胃拡張は応急処置が必要です。

食後の数時間(5-6時間以降が多い)で上記のような症状があれば、すぐにでも動物病院に連れて行く必要があります。

犬の胃拡張・胃捻転の治療方法は?

犬ブログ

胃拡張・胃捻転の主な治療法は次の通りです。

胃拡張の解消

胃にチューブを入れたり胃に太い針を刺して胃の中のガスを抜きます。

外科手術

重症の場合は、全身麻酔をかけて開腹し、ねじれた胃を元の位置に戻します。

ただ戻しただけでは、約8割の確率で再発するので、胃の一方を固定することもあります。

症状によっては、胃を部分的に切除して容積を減らすという手術も行います。

食習慣の見直し

早食い・ドカ食いを改善します。

一度の食事量を減らしたり、一気食いできないような食器を使うなどの方法があり、胃拡張を予防し、腸と絡まる確率を下げます。

ちなみに、胃の中の状態を見るための胃カメラの費用だけでも、50,000~100,000円するといわれています。

これに麻酔をかけて手術となると大掛かりな手術になり、費用も高額になります。

胃拡張・胃捻転はどんな犬にも起こりえる病気なので、万が一のことを考えてペット保険に入ることをおすすめします。

犬の胃拡張・胃捻転の予防方法は?

犬ブログ

胃拡張・胃捻転の予防方法は次の通りです。

● 一度に大量の食事を食べさせない

● 早く食べる(他の犬と競い合って早く食べる)ことをやめさせる

● 食事を1日2回~3回以上にする

● 不安・ストレス・興奮時には起こりやすいので食事制限する

● 冬季に多いので、食事中は注意して見守る

● 食前、食後の2時間は水を飲ませない又は制限する

犬の胃拡張・胃捻転は繰り返すことが多い

犬ブログ

犬の胃拡張・胃捻転は繰り返すことが多いといわれています。

毎回、100,000円の費用を負担するのは正直キツイですよね?

万が一の時に、愛犬を救ってあげるためにも、早めにペット保険に加入して、検査や手術費用の負担を減らすことをおすすめします。

まとめ

犬の胃拡張・胃捻転はどんな犬にも起こりえる病気です。

また、繰り返すことが多く、検査や手術費は高額になります。

愛犬の健康を守るためにも、普段から胃拡張・胃捻転にならないような生活を心がけましょう。

また、イザとなった時に、愛犬に十分なケアをしてあげられるよう、ペット保険なども利用しましょう。