【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

愛犬の耳の痒みや臭いが気になる
耳垢が出るし、元気もなさそう
耳が赤いけど大丈夫かな。。

こんな愛犬の症状に悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

それ、もしかすると外耳炎かもしれません。

ここでは、犬の外耳炎の原因と薬、治療法についてお伝えします。

スポンサーリンク

犬の外耳炎の原因は?

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

↑外耳炎の画像

外耳炎とは、耳の鼓膜の手前に炎症が起こることを指します。

犬の場合、痒みに対する反応や臭い、発赤、耳の汚れなどで気づく人が多いでしょう。

外耳炎の原因は色々ありますが、主に次のことが原因となっていることが多いといわれています。

□ アレルギー性疾患
□ ホルモン疾患
□ 分泌腺(耳垢腺)の問題
□ 異物(耳毛など)
□ 感染性疾患
□ 自己免疫性疾患
□ 微生物・寄生虫やウイルス
□ 細菌・真菌(カビ)・酵母菌
□ 薬剤に対する反応
□ 耳掃除のやり過ぎ
□ 自宅でのシャンプー

全体的に内部的なものが原因となっている場合が多く、飼い主が気づくまでに時間がかかる場合も。

早期発見、早期治療につなげるためにも、日ごろから愛犬の様子を観察していきたいですね。

スポンサーリンク

外耳炎の薬と治療法

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

では、実際に外耳炎になったらどうしたら良いのでしょうか?

外耳炎になると次の症状が出始めます。

□ 耳が赤い
□ 耳が臭う
□ 耳をかいたり、こすったりする
□ 耳垢が出る
□ 元気がない
□ 耳を痛がる
□ 嘔吐・ふらつき
□ 音に対する反応が弱くなる

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

これらの症状が見られたら早めに獣医さんに見てもらいましょう。

そして外耳炎の疑いがあれば耳の中を確認する検査や血液検査が行われます。

犬の外耳炎の治療方法は飲み薬や軟膏や点耳薬などの「治療薬」「手術」の2通り。

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

今現在、外耳炎に対する万能な治療薬はなく、それぞれのケースに合わせて複数の薬を組み合わせて治療する方法が一般的のようです。

その為、自己判断で市販薬や通販での薬を使うといつまでたっても治らないというケースもあるので注意が必要です。

また、治療薬による副作用を避ける為にも市販薬はおすすめしません。

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

犬の外耳炎の手術については状態によってさまざまですが、1,000円~数十万円する場合も!

重症の場合は1回で手術が終わらない場合もあり、治療期間が長引く可能性もあり、その場合は費用も高額になります。

アニコム損害保険によると、動物病院を受診したペットで一番保険請求が多かった病気は外耳炎だそうです。

全疾患のうち15%を占めるというから、どれだけ外耳炎にかかっているワンちゃんが多いのか分かりますよね?

犬の外耳炎手術料金は決して安くないので、イザという時のためにしっかりペット保険にも加入していたいですね。

スポンサーリンク

外耳炎は繰り返す?!

【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

外耳炎には次の特徴があります。

◆ 治りにくく治療が長期化する
◆ 治療を止めると悪化してしまう
◆ 毎年繰り返す

愛犬が毎日を心地よく過ごすためにもしっかり治療を行ってあげたいですね。

外耳炎になりやすい犬種がある?

犬の種類によっては外耳炎を起こしやすい犬種があります。

次の犬種は犬アトピー性皮膚炎による外耳炎を起こしやすいといわれています。

● パグ
● フレンチブルドッグ
● ゴールデンレトリーバー
● キャバリア
● シーズー
● マルチーズ
● ラブラドールレトリーバー
● トイプードル
● ミニチュアシュナウザー
● 柴犬

これらのワンちゃんを飼っている飼い主さんは特に耳の状態を注意してみることが大切です。

まとめ

犬の外耳炎は耳の中で起こるため、見た目には分かりにくいことが多いです。

外耳炎になる可能性の高い犬種を飼っている飼い主さんは特に日ごろから愛犬の様子をよく観察するようにしましょう。

万が一、外耳炎になってしまった場合はしっかりと治療を受けるようにしましょう。